卒業後の進路について

卒業、そして大空へ
〜世界へ羽ばたくプロフェッショナルたち〜


飛行機操縦科卒業生は、全日本空輸、日本航空、エアーニッポン、そして日本トランスオーシャン航空などの定期路線を始めコミューター路線の第一線パイロットとして活躍することになります。

 就職の準備は最終過程の仙台フライト課程においてスタートします。学生はフライトトレーニングの合間に各航空会社を訪問見学。そのうえで航空会社の採用担当者との面接や身体検査などが実施され、合格すればパイロット要員として採用されることになります。

入社後、実際に旅客機に乗務するようになるまでのコースは各航空会社によって異なりますが、一般的には半年程度の地上研修の後に実用機に向けての社内トレーニングを開始し、入社後2〜3年でコ・パイロット(ファースト・オフィサー)として乗務を開始。そしてキャプテンにまるまでは、さらに8〜10年の乗務経験が必要となります。

 この間、機種変更時やキャプテン昇格時だけでなく、半年ごとに厳しく技量や健康状態をチェックされ続けることになりますが、多くの乗客の命をあずかって飛ぶエアライン・パイロットには、それだけの厳しさが要求されるのは当然であり、だからこそ挑戦のしがいのある職業だということもいえるでしょう。

   紹介ページへ戻る
直線上に配置